2009年06月19日

ドラマ「明成皇后」を見る(4)−晩年期

 晩年期は、明成皇后役として チェ・ミョンギル さんが演じることとなります。 (下の写真) イ・ミヨン さんに比べるとちょっときつい感じになってきますが、同時に少し豪快な雰囲気が出てきました。隣の写真は高宗(こじょん)です。

chemyongil1.jpgkojon.jpg

 さて1882年の壬午軍乱にて、一度は大院君が明成皇后を宮から追い出したのですが、結局、その後大院君は清に幽閉され、明成皇后は宮に戻り、再び実権を握ることになりました。ある面、宮中では安定した基盤を作ったのですが、次第に日本の軍事的・政治的干渉が強くなってきました。当時、日本と清は朝鮮を巡って緊張した関係にありましたが、1894年に日清戦争が勃発しました。日本は日清戦争のために10年準備したそうです。日本は英式の最新武器で清を攻め勝利しました。このことは朝鮮にとって大変ショッキングな出来事でした。あの大国である清が日本に負けるとは考えもしなかったのです。

 日清戦争後、日本の朝鮮に対する干渉は更に強くなりました。当時、外務大臣であった井上馨氏が朝鮮の外交に当たっていました。その頃の朝鮮の情勢は、やはり明成皇后勢力と大院君の勢力に2分されていました。そこで、井上外務大臣は、明成皇后を味方に付けて、朝鮮進出に取り組もうとしました。
 実はその頃、明成皇后と大院君との関係に大きな変化があったのです。明成皇后も大院君もともに、日本の朝鮮進出に相当な危機感を感じていました。そこで、明成皇后は大院君と内密に会い、「我々は政策が違うだけで、国を思う気持ちに違いはない」と訴え、お互いに水面下で手を組むことを決意したのです。このシーンは本当に感動的でした。お互いに殺したいほどの恨みを持ち続けていたのですが、お互いを許し、国を守っていくことを決意したのです。

 その後、明成皇后と大院君は表面上は争いあっているふりをしながら、芝居を打っていったのです。明成皇后は井上外務大臣をうまく利用して、多額の投資をさせました。そしてその資金を内密に大院君に渡し、大院君は清から武器を購入する準備をしていました。それは、日本の侵略を防ぐための戦略だったのです。
 しかし、明成皇后と大院君の共同作戦は、日本軍に知られて失敗に終わり、武器を入手することはできませんでした。そこで、その後、明成皇后はロシアと親しくし、それを盾に日本を牽制していきました。同時に大院君とも協力・相談しながら、少しずつ父と娘のような心情関係を結ぶようになりました。
 なお、井上外務大臣は明成皇后にうまく利用されたことの責任を負わされ、日本に帰国することとなりました。そして井上外務大臣の後任となったのが、三浦五楼氏でした。井上外務大臣は英国に留学したエリートで外交のエキスパートだったのですが、何と三浦五楼氏は根っからの軍人で融通が利かず、外交には全く縁のない人だったのです。しかし、このことが明成皇后の運命を大きく変えることになるのです・・・。

 果たして明成皇后の実像とは・・・
posted by タール星人 at 10:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/121794043

この記事へのトラックバック
リンク集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。