2009年07月03日

サードミラクル(2)

 フランク神父は、カトリック信仰に対して確信を失った状態で、特に教会に行くこともなく、乱れた生活をしていました。そのようなとき、ヘレンという亡くなった修道女の奇蹟認定に関する調査するように指示が来ました。実は、ヘレン亡くなって以来、その教会にあるマリア像が血の涙を流すようになったのです。それを聞いた人たちが、そのマリア像を尋ねるようになったのですが、そこで奇跡が起こるようになるのです。訪れた重病患者の病気が治るというようないくつかの奇蹟が起き、そのような人たちがヘレンが起こしている奇蹟だと訴え、ヘレンを「聖人」として認定するように要求してきたのです。

 実は、フランクが調査を開始した頃、同じ信仰の友に尋ねた内容があります。「カトリックでは懺悔(ざんげ)をすれば全ての罪が許されるとあるが、君は本当にそう思うか?」と尋ねたのです。それに対してその友は、「教えがそうなっているから当然だ」と言うような回答をするのです。フランク神父はそのようなカトリックの信仰間に対しても、疑問を感じていたようです。

 前述したとおり、カトリックでは「聖人」として認定されるには、最低3つの奇蹟が認められなければならず、フランク神父はその調査に乗り出すようになります。初めは乗る気ではなかったのですが、調査している間に、ヘレンに対する関心が高まり、徐々にヘレンを何とか「聖人」として認定させたいという気持ちになるのです。それと同時に、今までカトリック信仰に対して疑問を感じていたフランクは、徐々に今までにない、新たな信仰の次元に高まっていくようになりました。

 ある程度調査を終えたフランクは、審議会にて調査内容を発表することになるのですが、まず、マリア像の件は審議会で奇蹟と認められました。しかし、もう一つの奇蹟は、第二次大戦の時、まだヘレンが幼少だったとき、飛行機から投下された爆弾が蝶に変わって、ヘレンの周辺にいた人たちが助かったというものでした。これに対しては、証拠が不充分だと言うことで認めることができないという意見が出されました。同時にヘレンは既婚者であり、娘(写真の下の女性が娘)も一人いました。そのことは「聖人」認定に非常に不利だったのです。カトリックはもともと結婚を認めていませんので、既婚者を「聖人」にすることはできないというのです。
 しかし、審議を続ける内に新たな事実が発覚します。実は、ヘレンの聖人認定に激しく反対していた役員が、第二次大戦の時の奇蹟に遭遇した本人であることが分かったのです。そのようにして第二次大戦での奇蹟も認定されることとなりました。ちょっとサスペンスな感じでした。

 実は、この映画はここで終わってしまうのです。何で? という感じです。結局フランクは、2つの奇蹟が認定されたので、あともう一つの奇蹟を探すために更に調査を継続していくと言うところで終わるのです。
 
 私個人として、この映画の面白いところは、ヘレンが聖人に認定されるかどうかが問題ではなく、フランク神父がヘレンの聖人認定を通して、自分の中で今までとは違う次元の信仰世界に目覚めていったと言うことです。ある面、自分の神様を発見したことではないかと思います。
 信仰生活も人生と同じく、山あり谷ありだと思います。しかし試練を越えていったときに、信仰の成長があると感じます。この映画は、宗教の違いや、宗派の違いを超えて、一人の信仰者としてのフランク神父を見つめていったときに、新しい世界が見えてくる映画だと思います。


posted by タール星人 at 16:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
リンク集

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。