2009年07月22日

羽のないテントウムシ?

 体調を壊し、ご無沙汰しておりました。
 今日新聞の記事を読んでいると、「羽のないテントウムシ」を作ることに成功したという内容がありました。写真を見ていただければ一目瞭然です。

tentomushi.jpg

 写真の右側は親しみのあるテントウムシですが、左側は何ともむごたらしい姿のテントウムシです。 チェリッシュ夫妻が涙を流しそうです。(T_T)(T_T)

 なぜ羽無しテントウムシが開発されたのかと疑問を感じましたが、記事を読んでいると理解できました。農作物を栽培する際に害虫となるアブラムシを駆除するためなのです。テントウムシは害虫であるアブラムシをよく食べてくれるのです。それで、テントウムシは羽があるので、いずれはどこかに逃げてしまうので、自分の畑に繋ぎ止めるため、羽を無くしたと言うことです。(-_-)

 やはり、何か人間の勝手な発想だと感じてしまいますが、実家が農家である私には少し理解できます。アブラムシの増加は、農作物を食べるだけでなく、病気まで引き起こしてしまうため、収穫に大きな影響を与えます。
 農薬を使えば済んでしまうのですが、やはり農薬は人間にとって大変な不安材料です。今は無農薬野菜などが重宝されていますが、真の無農薬野菜はそう簡単ではありません。
 私の実家では、米が主要なため、野菜に関しては自分の家や親戚に必要な分しか作っていませんが、それでも農薬はある程度使います。使わなければ、虫による病気でまともに育たないのです。
 ですからテントウムシが自分の畑にずーっといてくれることは本当に頼もしいことと言えます。今回の羽無しテントウムシの開発にはDNA(遺伝子)自体には手を加えず、RNA(リボ核酸)というものを介して作られているようです。

 ここまでしないと、人間の生活は成り立たないのだろうか? とも考えてもしまいます。歴史を見ると天候などによる飢饉などの記録が多くあります。これは歴史を通して世界共通のことです。その度に、人間はそれを克服するための開発を繰り返してきました。それは栽培方法、水路の確保、農薬など様々ありますが、あくまでも人間を中心に進んできた開発とも言えます。

 三大祝福の万物主管である「全ての万物を治めよ」という内容には、万物を愛で治めるという意味があることを過去にも述べてきました。今まで人間中心の利便性を求めてきたために、万物を愛でもって治めることができず、今や万物・環境の逆襲が起きていることを誰もが感じています。
 テントウムシの立場から考えれば、羽がないと言うことは繁殖や天敵から逃げると言うことについて問題はないのでしょうか? このような羽無しテントウムシ作りは一部で行われるわけでしょうから、地球全体の循環・維持には問題なかも知れませんが、いかがなものでしょうか。
 
 当然、科学というものも神様が人間に与えて下さった祝福でありますので、これも神のみ意かも知れませんが、はやり宗教的な観点も踏まえながら判断していくことが必要だと感じます。


posted by タール星人 at 15:17| Comment(58) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月14日

統一教会会長が辞任

 タイトルの如く、7月12日午後4時より都内のホテルにて、徳野英治統一教会会長の辞任記者会見が行われました。共同通信による記事は下記の通りです。

PN2009071301000677_-_-_CI0003.jpg 世界基督教統一神霊協会(統一教会)の徳野英治会長(54)が13日、東京都内で記者会見し、印鑑販売会社「新世」の特定商取引法違反事件を受けて辞任することを明らかにした。

 徳野会長は「社会にご心配をかけ、一般信者にも迷惑をかけた。道義的責任を取る」と辞任の理由を説明した。新会長には教団幹部の梶栗玄太郎氏(72)が就任する。

 事件では、統一教会信者の社長ら7人が同法違反容疑で警視庁公安部に逮捕され、2人が起訴、5人が略式起訴された。

 新世から統一教会南東京教区の幹部に印鑑の販売実績が報告されていたとして、公安部は「新世と統一教会は密接不可分な関係にある」としているが、徳野会長は「統一教会は信者の経済活動の指導はしていない」と事件への関与を否定した。


 私個人としては、今回の記者会見は評価できると考えています。私が統一教会員だからと言うこともありますが、「社会にご心配をかけ、一般信者にも迷惑をかけた。道義的責任を取る」という内容にあるように、今回の一連の事件に関して、統一教会自信が直接関与しているわけではないが、道義的責任を取ると言うことで、はっきりとした統一教会の意志(けじめ)を示したことに対して、評価したいと思います。

 宗教団体がこのような形で記者会見をすると言うことも大変稀なことだと思います。記者会見が行われた日は、都議選の翌日でもあり、政局が激しく動いていたこともあり、今回の統一教会の報道が目立たなかったということもありますが、社会に対してひとつのけじめを示したと思います。
 なお、上記の共同通信の記事には記載されていませんが、徳野会長は国内で行われている統一教会員に対する強制改宗・拉致・監禁事件のことに関しても触れました。7月8日の記事でも触れたように、統一教会員に対する強制改宗を強いる人たちによる拉致・監禁というものが、未だに後を絶ちません。4000件以上にも昇ると聞いています。

 私もいち統一教会員として、今回の記者会見の内容を真摯に受け止めると共に、統一教会の本当の姿を皆様に示していけるよう努力していきたく思います。
posted by タール星人 at 11:45| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月13日

李 舜臣将軍(2)-その後

 5月27日の記事に韓国の名将「李 舜臣(いー すんしん)将軍」の話題を書きましたが、その後、ドラマ「不滅の李 舜臣」が20話ぐらい進んだので、その内容に触れてみたいと思います。

 李 舜臣将軍は日本人にとってはあまり印象が良くないでしょう。なぜならば、豊臣秀吉の頃の「文禄慶長の役」で優勢だった日本軍を、劣勢に追い込んだ中心人物だからです。しかし真の名将とは国を超えて尊敬される人物だと思いますし、時代を超えて尊敬されるものだと思います。李 舜臣将軍がそれに値するかどうかは、私の次元では断定できませんが、当然韓国では今も尊敬されているし、他国においても尊敬する方がいるようです。いわゆる韓国を代表する人物と言っていいでしょう。

isunshin02.jpg

 2004年にこのドラマを作成したKBSは、「なぜ今、李 舜臣将軍なのか」という問いかけに対して、韓国のIMF以降、経済的にも沈んでいた国に、希望を与えたいという意図があったようです。

 私はまだ、このドラマを1/5ぐらいしか見ていないので、結論的なことは言えませんが、李 舜臣将軍は両班(やんばん−貴族)の生まれでしたが、幼少時から祖父が逆賊(反逆者)という汚名を着せられたがために、常にそれがつきまとい、出世の障害となりました。祖父は王が間違った方向に国政を行おうとしていたので、それをただすために忠言をしたのですが、受け入れられず逆賊と見なされました。そのように祖父は命をかけて正道を生き抜きましたが、逆に父は、そのような祖父の姿を見て、世捨て人のような状態になっていました。

isunshin03.jpg

 そのような中、李舜臣の幼少の頃は、一言で言うと「気弱な、優しい子」というイメージです。上の写真の上の子が李舜臣の子役です。下の2人の子は、李舜臣の兄のような友達で、左下の子(ソンリュン)は大変知的、右下の子(ギュン)は武芸に長けていた子です。2人とも李舜臣を大変に大切にし、いつも李舜臣を守り励ましてくれる友でした。同時に2人とも大変まっすぐな正義感の強い子でした。
 なぜ李舜臣とこの2人が強い絆で結ばれていたのかは、謎です。運命的な結びつきを感じます。ただ、李舜臣は気弱な子でしたが、絶対に人を裏切らないという強い意志は、ドラマの節々に表れていたと思います。
 
 李舜臣はソンリュンとギュンと共に、日本で言う寺子屋のようなところで、勉強をしていたのですが、逆賊のこと言う理由で、結局、寺子屋を追い出されることになります。はやり李舜臣は勉強して、国の機関に入っていきたいと考えていたのです。しかし、李舜臣の父はそれをよく思っていませんでした。なぜならば、何かと逆賊の子と言うことで、子が傷つくことを恐れていたのです。逆に母は、何とか李舜臣の夢を叶えてあげたいと考えていました。
 そこで、アサンという別な地で、出直そうと言うことで、李舜臣の家族は引っ越すことになり、ソンリュンとギュンと分かれることになったのです。

続きはまたの機会に致します・・・
posted by タール星人 at 11:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
リンク集

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。