2009年06月13日

三世代家族と核家族

 最近は「三世代家族」なんてあまり聞かなくなりました。まんが「サザエさん」も三世代家族ですね。昔は三世代家族は結構当たり前だったのでしょうか。調べてみるとそうでもなさそうです。戦前から核家族というものは結構な割合を占めていたようです。以外だなと感じました。下のグラフを見ると分かると思います。

setaiwariai.png

 しかしよくよく調べてみると、昔の核家族と今の核家族では質が違うのです。昔は、親族が近くに住んでいました。しかし今は、親族がばらばらになっている傾向があるのです。

 これは私にも経験があることです。私は田舎育ちで、父方の実家は隣にありました。小さい頃は毎日のように実家に行き、従姉妹と遊んでいました。また、母方の実家は少し離れていましたが、夏休みと冬休みの時期になると、母の兄弟姉妹4世帯が全て実家に集まって、2週間から3週間ぐらいの期間、その子どもとその母親達が一緒に暮らすのです。従兄弟(従姉妹)達と一緒に遊ぶと言うことが本当に楽しかったのです。友達と遊ぶこととは少し違うのです。はっきり言って実の兄弟姉妹と一緒なのです。そういう感覚です。それに友達とそんなに長い期間一緒に暮らすことはないのです。私から見て、従兄弟(従姉妹)の母も自分の母親という感覚でしたし、従兄弟(従姉妹)の母も、私に対して自分の子供のように接していました。

 そこで、三世代家族は父母を中心とすれば、祖父母・子女という構成になります。ですから、核家族には祖父母がいません。私が幼い頃に感じた祖父母は、父母よりも偉いという感覚がありました。当然祖父母は優しかったのですが、幼いながらもその格位を感じていました。特に祖父は座る位置が決まっていたり、何かと誰も犯すことのできない領域があったような気がします。自然と縦的な世界を教育されていたと思います。
 
核家族のメリットは何でしょう。一番大きいのは嫁と舅・姑との関係に気を遣う必要がないということでしょうか。ですからお嫁さんは三世代家族に抵抗を感じる方は多でしょう。サザエさんの場合はお婿さんになりますが・・・。

 それでは三世代家族のメリットはというと、協力し合えるということでしょうか。お嫁さんとしては、忙しいときに子供を見てもらえる。おじいちゃん・おばあちゃんとしてみれば、息子やお嫁さんに頼りたいことも多くあるでしょう。子供にしてみれば、父母とは違う、祖父母の愛というものを受けることができます。良き伝統の相続とも言えるでしょう。文鮮明先生、統一教会では理想の家族のあり方として三世代家族を唱えています。三世代家族は人間関係が難しいように思うのですが、逆にそれが人間関係を築くための良き教育の場となっていくと思うのです。皆さんはどう思われますか?
posted by タール星人 at 09:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
リンク集

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。