2009年06月09日

迫り来る家庭崩壊の影(3)−理想家庭を目指して

 最近の女性の出産対する意識が変わってきたことは前回の記事で述べました。統計によると、子育てに対する不安が大きいと言うことであり、育てる自信がないということです。精神的なこと、経済的なこと、仕事との両立など様々だと思います。

 それでは、なぜ近年、女性は子育てに対する自信がなくなってきたのでしょうか。 あくまでも原因のひとつとしてとらえていただきたいのですが、核家族の影響が大きいと思います。昔は、三世代が一緒に暮らしたり、親戚がすぐ近くに住んでいたりと、何かと親戚との間で協力体制が取れていたと言うことです。共働きは、昔もある程度あったと思います。母親が仕事で忙しいとき、おじいさん、おばあさんが孫の面倒を見ると言うことはよくあったのではないでしょうか。今は核家族が進んでいるため、母親一人に子育ての負担が来てしまい、不安があってもすぐに相談することもできないと言うことです。
risokotei1.jpg
 当然、近所や知り合いのお母さん同士で、相談したり協力したりすることもできるのですが、やはり血の繋がった関係は強いものです。どのような事情圏も越えることのできる関係ではないでしょうか。

 統一教会の創始者である文鮮明先生は 「家庭は三代が伝統を立てなければならない」「三世代が一緒に暮らすことが必要です」 と語られます。「血統」とは縦的なものです。そのような面から考えても文先生の言われる内容が理解できると思います。

 「宗教の最高の目的は真なる家庭建設にある」
 「家庭は天国の母体であり、理想は愛にある」
 「天情がとどまることのできる最高の起点と終点は家庭である」

 上記の言葉は、文先生の語られたみ言ですが、統一教会では、個人の完成を目指すのは当然ですが、最も重要なのは「家庭の完成」であります。「国家」という言葉も「国」と「家」という文字に分けられることから、家庭が集まってこそ国家なのです。ですから、理想の家庭が集まれば、理想の国家が建設されると言うことです。これからの時代は、「家庭」を中心とした思想が何よりも重要になってくることでしょう。
 
posted by タール星人 at 14:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
リンク集

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。