2009年06月08日

迫り来る家庭崩壊の影(2)−現代の結婚観

 それでは、現代人は結婚をどのように考えているのでしょうか。前回の記事で述べたように結婚観に関しては、特に近年、女性に変化が現れているようです。今回は特に女性にスポットを当てて取り上げてみたいと思います。

 下のグラフは、結婚を焦り始める年齢/「もう結婚しないかもしれない」とあきらめる気持ちが芽生える年齢 という質問に対しての回答の統計です。
 焦り始めるピークは30才、あきらめ始めるのは40才がピークであることが分かりました。焦り始める年齢は30才に向けて徐々に高まる傾向にあり、あきらめ始める年齢は35才で一度高まった後、40才でピークを迎える傾向を示しました。未婚女性の結婚に対する気持ちは、5才刻みで大きな節目を迎えるようです。

kekkonnkan1.gif 

次に、未婚女性に子供が欲しいと思うか尋ねたところ、4人に1人は「欲しいとは思わない」と答えました。欲しいとは思わない理由を尋ねたところ、トップは「子供を育てる自信がない」47%、次いで「現在の社会状況の中で子供を育てることに不安がある」46%、「仕事と子育てを両立するのが困難」37%となりました。

kekkonnkan2.gif

kekkonnkan3.gif

 このように、最近の女性の心理を見ると、結婚や出産・子育てに対して、希望、自然な流れと言うよりも、不安、負担やプレッシャーになっているようです。場合によっては、子供よりも自分中心の自由な生活をしたいという傾向があると言えるでしょう。昔は血統を残す、子孫繁栄という意識が強かったと思います。しかし最近はそのような動機で出産するという意識は薄れているようです。
 それでは、なぜ最近の女性の心理がこのように大きく変化してきたのでしょうか。様々な原因があると思いますが、ひとつには、本人が育ってきた環境に大きな原因があると思います。それは、家庭の夫婦関係、親子関係、学校での教育、社会の風潮、価値観の変化だったりすると思います。
 
  次に続く・・・
posted by タール星人 at 20:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
リンク集

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。